COM-2-6
ホーム物理学正典電磁気学正典 > COM-2-6

COM-2-6 電磁気学正典

 次のページ 
 前のページ 
 目次 
 


 CAN-1-1-14 

 CAN-2-1-1 

 CAN-2-1-2 

 CAN-2-1-3 

 CAN-2-1-8 

 CAN-2-1-9 

 CAN-2-1-10 














▲このページの上端へ行く

補足説明をここに書く予定です
























▲このページの上端へ行く


【SEOテキスト】宇田雄一,04.7.23,CAN-2-1-1〜3,電磁場の定義,××君から、第1章の内容がいきなり難し過ぎて入って行けない、と言われた。そこで僕なりに考えてみたのですが、僕の教材では電磁場とは何かが定義されずして、いきなり電磁場の記述法から説明が始まっています。この事が「いきなり難しくて分からない」という××君の反応の原因の1つではないかと思います。砂川は、電磁場の定義というものを「理論電磁気学」で行なっています。CAN-1-1-14-9〜16をもって砂川は電磁場の定義としています。電磁気学の他の教科書の著者も、そうする事が慣例となっており、例えばファインマンもそうしています。ある意味、これは伝統のわだちです。僕は電磁場を定義しません。その理由は、CAN-1-1-14-9〜16には「質点」などの未定義語が含まれているため、これをもって電磁場の定義となす事は、未定義語を使って未定義語を定義する事に当たるからです。CAN-2-1-8,普通は「マクスウェル方程式から電荷保存則が導かれる」という言い方をする。砂川もそう書いている。しかし、マクスウェル方程式をE,HあるいはFに対する微分方程式と見るならば「ρ,jが電荷保存則を満たさない場合にはマクスウェル方程式は解を持たない」と言う方が論理的に正確です。CAN-2-1-9〜10,第4章に僕が書いている法則のなかで、現象論的法則と呼べるものはクーロンの法則だけです。荷電粒子が静止していない場合には、正確にはクーロンの法則は成り立たない。