COM-2-1
ホーム物理学正典電磁気学正典 > COM-2-1

COM-2-1 電磁気学正典

 次のページ 
 目次 
 


 CAN-2-1-1 

 CAN-2-1-2 

 CAN-2-1-4 

 CAN-2-1-5 

 CAN-2-1-7 














▲このページの上端へ行く

補足説明をここに書く予定です
























▲このページの上端へ行く


【SEOテキスト】宇田雄一,04.3.20,CAN-2-1-1〜2,3次元記法では場の定義域はR3であり、場が時刻と共に変化する、と考える。これに対して4次元記法では、場の定義域はR4であり、場が変化する、とは考えない。CAN-2-1-4-29,30,dρ/dtは連続体上の点と共に運動しながら測った場合のρの時間変化率を表す。dρ/dt=0and∇・u=0の場合は非圧縮性連続体の場合である。CAN-2-1-5-9,10,やはり、∂v/∂s=0の場合は荷電物体が伸縮しない場合に相当するが、線状アンテナの設計においては∂v/∂s≠0の場合を考える必要がある。面電流については記さなかったが、考えると面白いかもしれない。CAN-2-1-7,マクスウェル方程式はE,Hに対する、あるいは、Fに対する方程式であり、それを解いてE,HあるいはFを求めるたぐいのものである。3次元記法と4次元記法は記法が違うだけで内容は同じ(自分で確かめておくこと)だし、4次元記法を用いた方が計算は楽になるので、証明や導出においては、(僕は)4次元記法を用いる。